ボイス変調]エフェクトを使用すると、オーディオファイル内の人間の声を操作できます。   
エンベロープ]エリアでは、次の設定オプションが使用できます。
グラフ
エンベロープマッピング

オーディオファイルの入力および出力周波数を変更します。ハンドルを使用して直線を変更できます。グラフィックでは Y 軸は出力周波数、X 軸は入力周波数を表します。

スライダ
スケーリング

人間の声を形成する要素を移動します。

ピッチ]エリアでは、次のスライダを使用できます。
間隔

オーディオファイル内のピッチを変更します。

ファインチューン

元のオーディオファイルの長さをそのまま維持したために間隔やパッチが変わって歪みが起きてしまった場合、微調整が可能です。

時間]エリアでは、次のスライダが使用できます。
ストレッチ

オーディオファイルの長さを変更するか、元の長さをそのまま維持するかを指定します。

モード]エリアでは次のオプションボタンが使用できます。
通常

オーディオファイルの音声は変更されません。前回設定したエフェクトのみが使用されます。

ロボットボイス

アクティブなエフェクトにロボットのような聴感を追加します。

ささやき

アクティブなエフェクトにささやきのような聴感を追加します。

 


ボイス変調