再アナログ]エフェクトは、オーディオファイルにエフェクトを追加して、人為的により古い音を作ります。  
次の設定オプションが使用できます。
チェックボックス
ヒス

オーディオファイルにノイズを加えます。

スライダ
レベル

ノイズの強さを指定します。

チェックボックス
レトロレシオ

古いラジオの音のようにオーディオファイルの音をわずかに歪ませます。

スライダ
レベル

ディストーションエフェクトの強さを指定します。

チェックボックス
クリック音

古いレコード上の傷やほこりのエフェクトを追加します。

スライダ
クリック音

ビニールレコード上にあるような傷の周波数および強さを指定します。 

スライダ
パチパチ音

ビニールレコード上で発生するようなパチパチ音の周波数および強さを指定します。 

オプションボタン
ソース

各種のレコードタイプのオプションを提供します。

チェックボックス
バズ

オーディオファイルに低周波数のハムを追加します。

スライダ
レベル

ハムの強さを示します。

スライダ
倍音

周波数が持つ倍音数を指定します。

スライダ
勾配

高レベルと低レベルの間のトランジションのスティープネス(斜度)を指定します。この設定によりヒス音が「ひっかくような音」になります。

オプションボタン
周波数

ハムの周波数を指定します。

 
周波数
周波数は、電場または磁場の秒当たりの振動を表します。オーディオファイルでは、周波数はピッチの上昇と共に増加します。単位はヘルツ(Hz)です。 最大の大きさの振動ことを振幅といいます。


再アナログ