Nero WaveEditor を使用すると、サンプルフォーマットを変換できます。 
サンプルフォーマット設定の変換]ウィンドウを開くには、メニューバーで[編集]>[サンプルフォーマットを変換する]を選択します。
サンプルフォーマット]の領域では、次のドロップダウンメニューを使用することができます。  
[サンプルレート]

選択項目に対してさまざまなサンプルレートを提供します。初期設定レートは[44100 Hz (CD)]です。

+ビット長

選択項目に対して各種のビット長を提供します。標準設定は、[16 ビット(CD および DAT)]です。

チャンネル]エリアでは、次の設定オプションが使用できます。
オプションボタン
チャンネル

選択項目に対して各種の出力タイプを提供します。サラウンド 5.1 と 7.1 を選択すると、5 つまたは 7 つのチャンネルでサラウンドオーディオファイルを作成するオプションを選択できます。

ドロップダウンメニュー
ダウンコンバート方法

サラウンドオーディオファイルを通常のステレオオーディオファイル、ヘッドホン用の人工的なサラウンドサウンド付きのステレオオーディオファイル、またはスピーカー用の人工的なサラウンドサウンド付きのステレオオーディオファイルに変換します。
サラウンドオーディオファイルのみで使用できます。

変換設定]の領域では次のドロップダウンメニューを選択することができます。 
アンチエイリアスフィルタ

これには、さまざまな種類のアンチエイリアスフィルタが用意されています。

 
サンプルレート
サンプルレートとは、信号が時間間隔ごとにサンプルされる頻度です。 秒単位のサンプリング値で測定されます。 サンプルレートを上げるほど測定の精度が高くなり、音質が良くなります。

ビット深度
ビット深度は、振動をキャプチャする精度を表します。ビット深度が大きいほど、キャプチャの精度とオーディオ品質は向上します。


[サンプルフォーマットの設定]ウィンドウ