保存/出力設定]タブでは、次の設定オプションが使用できます。 
チェックボックス
低量子化ビット数へ変換する場合ディザリングを使用する

人間の耳では聞き取りにくい白色雑音による低量子化ビット数への変換時に発生するサウンドエラーをオーバレイします。ディザリングがないと、低量子化ビット数に変換したときにはっきりと聞こえる干渉が聴こえてしまう可能性があります。   

ドロップダウンメニュー
ノイズシェーピングフィルタ

ノイズシェーピングの形式を指定します。   
IIR フィルタ(二次)]: Infinite Duration Impulse Response。IIR フィルタを使用します。IIR フィルタは、無制限に長く連続したインパルス応答を提供できます。通常、IIR フィルタは、FIR フィルタよりも優れた主観的オーディオ品質を達成しますが、聞いてわかる範囲外では、干渉エネルギーのレベルは高くなります。二次とは音が 12dB で減衰されるという意味です。
FIR フィルタ(3 タップ)]: Finite Impulse Response filter 。FIR フィルタを使用します。FIR フィルタは、保証された有限長のパルス応答を有します。初期設定ではこの項目が選択されています。

チェックボックス
Nero WaveEditorの終了時にWave音量を元に戻す

Nero WaveEditor を終了したときにオーディオファイルの音量を元に戻します。

ドロップダウンメニュー
再生時の量子化ビット数:

読み込んだオーディオファイルの再生時の量子化ビットを指定します。

ドロップダウンメニュー
サラウンドオーディオの再生方法

サラウンドオーディオの再生方法を指定します。
マルチチャンネルオーディオ]: すべてのチャンネルを使用してサラウンドオーディオを再生します。
Nero Headphone を使用したステレオ(バーチャルサラウンド)]: ヘッドフォン用に生成されるバーチャルサラウンドエフェクトを用いて、ステレオにフィルタされたサラウンドオーディオを再生します。
Nero VirtualSpeakers を使用したステレオ(バーチャルサラウンド)]:ステレオにフィルタされたサラウンドオーディオを再生します。これによりスピーカー用にバーチャルサウンドエフェクトが生成されます。     

 
IIR フィルタ
フィルタとは、入力信号を転送機能にリンクさせ、この変更された信号をその転送機能の出力で使用できるようにするシステムです。 Infinite Pulse Response(IIR フィルタ)では、入力値の他に、出力信号のバッファされた値が使用されます。

ビット深度
ビット深度は、振動をキャプチャする精度を表します。ビット深度が大きいほど、キャプチャの精度とオーディオ品質は向上します。

FIR フィルタ
フィルタとは、入力信号を転送機能にリンクさせ、この変更された信号をその転送機能の出力で使用できるようにするシステムです。 Finite Pulse Response によるフィルタ(FIR フィルタ)では、出力信号は、入力信号を部分的にバッファしたいくつかの値で構成されています。


[保存/出力設定]タブ