低音質]エフェクトはビットレートを減衰させることで、数量化エラーと呼ばれる干渉効果を作成します。ビットレートを大幅に減衰させるときにノイズが聴こえることがあります。サンプルレートを削減すると、オーディオファイルの音はぼやけてしまい、もたついた感じになります。       
次の設定オプションが使用できます。
グラフ
ビット長/サンプルレート

グラフの下の 2 つのスライダで変化を示します。

スライダ
ビット長

ビット長を指定します。たとえば、音楽 CD のビット長は 16 です。

スライダ
サンプルレート

サンプルレートを指定します。音楽 CD のサンプルレートは、44100 Hz です。

 
サンプルレート
サンプルレートとは、信号が時間間隔ごとにサンプルされる頻度です。 秒単位のサンプリング値で測定されます。 サンプルレートを上げるほど測定の精度が高くなり、音質が良くなります。

ビット深度
ビット深度は、振動をキャプチャする精度を表します。ビット深度が大きいほど、キャプチャの精度とオーディオ品質は向上します。


低音質